ゼ ミ

当研究グループでは,「研究ゼミ」と「英語ゼミ」の2つゼミをそれぞれ週1回のペースで開催しています.ゼミには当研究グループに所属する教員および学生の全員が参加し,発表担当となった学生が発表を行い,教員・学生問わず,全員参加型での議論を通じて相互理解と研究グループとしてのレベル向上を図っています.

いずれのゼミとも随時参加を受け付けていますので,当研究グループに関心のある学生,あるいは(特に3回生で)研究グループ分属に迷っている学生は,ご気軽にご参加下さい.
 

研究ゼミ

学生(大学院生,4回生)が輪番で発表担当となり,発表者は自分の行っている研究の進捗状況や,活動スケジュール,自分の研究に関連する既往研究のレビューなどについて,プレゼンテーションを行います.
発表者には,単に情報を伝えるというだけでなく,「聞き手にとって,よりわかりやすいプレゼンテーションとなるように最大限配慮すること」も課題として与えており,話し方やスライドの構成にまで注意を払ってもらい,研究活動のみならず,プレゼンテーション能力向上の指導にも務めています.
研究ゼミでの議論は,妥協を許さず徹底的に行います.その場しのぎのごまかし等は一切きかないため,日頃から計画的に準備を行っておかないと,いざ順番が回ってきた時には大変なことになりますので,当研究グループに所属しようとする学生には十分な心構えが求められます.
 

英語ゼミ

水文学や土壌物理学,灌漑排水学など,水環境に関する専門知識を,英語で書かれた専門基礎的な教科書を使って教員・学生全員で学習するためのゼミです.
1回のゼミにつき1~3名の学生(大学院生,4回生,および後期から配属される3回生)が輪番で担当し,英文を音読・和訳し,皆での議論を通じて書かれている内容の理解を深めていきます.
発表担当者には,事前に担当箇所の和訳のプリントを準備してもらいます.これは,日本語文章力のスキルアップの目的も兼ねています.